FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

昨日の記事について

マドンナさん、コメントありがとうございます。連日の講座・シンポジウムで、頭がウニ状態で、それでも皆様に何か伝えなければと、未消化のまま書き込んでしまったため、言葉が足りなかったようです。
 マドンナさんのコメントのとおりのお話でした。そして、現在は、8割が障害者雇用になっているとのことでしたね。
 私は仕事で、同和問題も担当しておりますので、人権ということについて捕らえ方が、一般の方とは異なっているのかもしれません。自分ではそのようには思っていないのですが。いずれにしても、障害者雇用促進法の改正され、さまざまな面で変化が大きく、貪欲に情報を入手し、学習していかないと、取り残されてしまうという危機感は感じました。
 本日も、シンポジウムに参加して来ました。若いお母様が、涙ながらに「障害について知らないということは、相手を傷つけてしまうこともあると気がつきました」とおっしゃっておられました。
 また、別のお母様が、「犬を連れている方に、話しかけても全く無視されたが、同じように犬を散歩している人とは、親しげに話をしてた」という発言を聴き、これは、どのように考えていいのか、自分と同質のもの以外は無視するという態度でしょうか。このような態度を平然とできる方は、寂しい方なのでしょうか。現在の社会を構成している心象風景であるとしたら、空恐ろしい気がしました。
 また、今日も取り留めのない記事になってしまいました。私の周りの方には、このような空恐ろしい風景は見られないことは幸せです。今日も、おいしいチョコレートタルトと、キッシュロレーヌをいただきました。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

人権について

 皆様 今日は大変に暖かい日になりました。梅も満開で、もうすぐ桜ですね。
 皆様は、人権というと、どういうイメージを思い浮かべるでしょうか。私は仕事で人権について様々な学習をしておりますが、人権イコール同和問題であると捉えていることもあるようです。
 実際、まだ同和問題は解消しているどころか、インターネットの匿名の書き込みでは、ひどい言葉での暴力が横行しています。日本は、人権後進国といわれていますが、基本的に人間としての尊厳を最大限に尊重するという考え方が、あまりないのかもしれません。
 本日、明学で「共生社会の実現への教育支援と障害者雇用」というシンポジウムが開催されました。これは、文部科学省の「現代的教育ニーズ取組み支援プログラム」に採択されたプロジェクトの報告会です。
 その中で、ある企業の方が、「人権担当として業務に当たっていたが、現在は、その8割が、障害者雇用である」と発言されたのです。障害者雇用と人権、これはイコールなのでしょうか。皆様はどのようにお考えになりますでしょうか。
 
 
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

特別支援教育

 皆様 いかがお過ごしですか。私はここ数週間、講演会など続いております。本日は、品川区の特別支援教育についての講演会が開催され、参加してきました。本日は、品川心身障害者福祉会館の和室で、参加者は、当初10名くらいを予定していたそうですが、20名くらいの参加者で、お部屋はいっぱいになりました。
 要約すると、品川は、制度を整えるのではなく、まず、モデル的に、巡回相談をする。専門家チームが要望のあった学校に出向き、担任・養護教諭・スクールカウンセラーなどとともに、支援の必要な子どもを観察し、支援方法のアドバイスを、担任・その他の先生方に指導する。ケース会議も開催していく中で、自然とネットワークはできてくる。
 教育委員会としては、学務課から、指導課に特別支援教育の部門が移り、係りが設置される。校内委員会の設置と、特別支援教育コーディネイターの指名をするように、各学校に働きかけていく。
 介助員制度の見直しを考えている。
 質疑に移り、参加者から「特別支援教育を進め、成功させるためには、いじめを絶対にゆるさないという、校長先生の強い姿勢が重要である」との発言があり、桂林先生も、賛同されていました。
 色々問題は山積していても、学校の中で、私どもの子ども達が、のびのびと学校生活を送ることができるようになれば、そのために、特別支援教育が機能していくことが大切ではないかなと感じました。
 なぜ、人は、小さな差異にこだわって、人を差別するのでしょうか。
私にとって、差別する人間の心は、解決できない課題です。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

皆様、もう春はそこまで来ています。お元気ですか。
3月5日(日)東京LD親の会連絡会の第45回打ち合わせに参加してまいりました。
 議題は、毎年行っている東京都への要望書の作成です。パルレは、教育部門を受け持っております。昨年度の要望書は、東京LD親の会連絡会のHPで、ごらんいただけます。この要望も、私達は意味のあることだと思っておりますが、皆様は、どのようにお考えでしょうか。
 また、東京都だけではなく、区への要望も必要であると考えているのですが、いかがでしょうか。
 平成19年実施に向けて、特別支援教育は、徐々に動き出そうとしていますが、先日の東京都の研修の際のお話のように、各区市町村で相当な温度差があることも事実です。
 地方でも、すでに進んでいるところはかなり具体的に取り組んでいるようです。その際、一番重要になってくるのが、当事者の声です。
 構造改革の大合唱のもと、行政はサービス内容をどんどん小さくしていきます。それが、有権者の望んでいることで、民間に移行する施策は後戻りできません。教育もその流れの中から逃れることができません。
 自立支援法で、重い障害のある方々も、応益負担ということで、今まで受けていたサービスが、1割負担になります。このような社会情勢の中で、私ども軽度発達障害の子ども達への支援の要望していくことは、相当な体力が必要です。どうぞ、皆様のお力を貸していただき、より良い施策を実施していくために、一緒に作り上げるというスタンスで取り組んで生きたいものです。
 
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

パルレの学習会

皆様、もう3月。おひな祭りですが、まだ寒いですね。風邪等ひいていませんか。花粉症のかたも、辛い季節です。パルレの学習会のお知らせです。
 日時:3月8日(水) 午前10:00~12:00
 会場:大井倉田児童センター 
 テーマ:東京都研修・個別の教育支援計画
      パルレの今後の活動について
 お一人でも多くの方に参加していただければと思います。
 よろしくお願いいたします。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

Search

Profile

パルレママ

Recent Entries

Categories

Archives

Comment

Trackback

LINK

ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。